TOP > CATEGORY > 旅:タリン
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク タリンのクリスマス 

2010年12月19日 ()
ヘルシンキのクリスマス風景はほかの在住の方や旅行された人がいつかどこかでアップされるだろうから、ここではタリンのクリスマス風景など。



ヘルシンキも今年も大雪なのだが、タリンも雪がすごい。ちょっとまちはずれになると、除雪が行きわたってない。


 土産物屋で客引きをするサンタ。世界中の子どもたちへのプレゼントの用意はもう終わったのか余裕である。


いつものように、pikk通り 22番地にあるエストニアのハンドクラフトギルドへ。ここは、手前がお店で、お店の奥にいろいろ展示をやっているのである。今回は、何をやっているのか下調べをせずに行った。そして観たものは、

この写真では何がなんだかわからないが、ハープサルショールの展示。これ以外にも6枚ほど飾られていた。


昼の旧市街中央広場。はい、これでも昼間。


違う角度から。夜の9時を回っているので、マーケットもほとんど閉まっている。クリスマスワインを売る店舗だけがいくつか開いていた。


 気になるエストニアのニット本は続きをお読みください。
さらに読んでみる! Continue... Jatkuu..↓



そして、自分自身へのお土産。
左から、エストニアの手芸雑誌 minu käsitöö、エストニアの伝統のレース本、Anu Kotliさんたちの編みぐるみ本KiriKari、そしてMuhu地域の伝統手芸を集めた本である。

雑誌以外の本の解説。
伝統のレース本 エストニアのもう一冊の手芸雑誌の元編集長が監修したエストニア伝統のインサーション、エジング、地模様の本。エストニア語。
KiriKari
 編みぐるみの本。猫やキツネ、オオカミなど。参考作品で作り方が載っていないものもあり。ただ、洋物のニット本には珍しく図面が詳しく引かれているので、やる気があればなんとかなるのではと思う。もちろんエストニア語。
このオレンジの本は重かったため、買うつもりは無かったのに、中身をみて気が変わってしまった。Muhu地域の民族衣装に関するニット、刺繍等が網羅されている。これもやっぱりエストニア語。


タリンの本屋さんは
http://www.apollo.ee/
http://pood.rahvaraamat.ee/

Close↑

スポンサーサイト
[2010.12.19(Sun) 23:51] 旅:タリンTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

きれい~☆ by hiroko
うわ、タリンも雪ですねぇー、石畳がさらに歩きにくくなってそう。
中央広場も、夜のライトアップがとってもきれい!
エストニアの本、いつも素敵なのを買われてていいなあーと思っておりました。
本のURL、有難いです!(←自分の次の旅に生かせるかどうかは未定ですが^^;)
クリスマスマーケットでの戦利品は何かしら。

それが… by みほこ
クリスマスマーケットでは、戦利品がないんですよー。
ほかにふらりと入ったエストニア伝統柄をつかったデザイナー直営のお店とか覗いてました。たまたま見つけたところは、オープン二日目で全ての商品が10%引きでした。
http://lviira.com/

コメントを閉じる▲

リストマーク タリンの危険な場所 

2010年06月19日 ()


 またタリンに行って来た。
 今回は、編み物好きの友人も同行しての、フィンランド人ニッターのブログや私が参加したワークショップでよく話題になるタリンのお店に行ってきたのである。
 場所は、タリンのオールドタウンから歩くこと10分強。きれいな大通りに沿って歩くので、危ないということはないが、気になるならタクシーに乗るのがお勧め。いや、買いものの量によってはタクシーが帰りは必要になるかも…。
実際のところお店ではなくて、問屋なのである。

 Again I visited Tallinn with my friends, knitters. This time I went tosome shop which is told in blogs of Finnish knitters and in some handicraftworkshops.
This shop is located outside of old town, 10 minutes walk.


Taas kävin Tallinassa käsityöystävien kanssa. Minun unelma paikka siis Karnaluks.
Monessa suomalaisissa blogeissa ja minun osallistumissa työpajassa kerrottiin siitä paikasta.



玄関にCとついた建物の2階にそれはあった。入り口には鍵がかかっているので、インターホンを押して、あけてもらう。

 You can find this shop on 2nd floor in C building. This entrance door islocked. You must push a bell.

Se on toisessa kerroksessa C-talossa. Kaupan ovi on lukittu. Myyjä avaa oven.


中にはいると…想像していたところと違った。毛糸の問屋と思い込んでいたのである。リボン、布、刺繍関係のもの、ボタン、ビーズなどなど、そろいもそろっている。正直な話、フィンランドのどんなおおきなお店より種類も豊富なのである。
 友人たちとしばらく呆然としていたが、とりあえず何があるのかチェック。

 This was a more different place than I had imagined. I thought it was yarnshop. NO, like departmentstore for handcrafters. Embroidary, patchwork,knitting, crocheting, beads and so on....

Tämä kauppa ei ole lanka kauppa. Se on tavaratalo-tukku käsityölaisille!

まあ、そんなわけで、あんまりかわずに出てきた。ここにいくなら、手芸仲間と行くべし。興味のない人と一緒に行ってもおたがいつらいだけだからね。
 
 It was difficult to decide to buy. I recommend you should go with yourhobby friends without Husband nor Boyfriend.
 
Oli vaikea päättää ostoksista. Suosittelen mennä harrastus-ystävien kanssa. Ei miehen eikä poikaystävän!

 お店情報。
 Karluks(カルナルクス)
 住所/address/osoite K.A. Hermanni 1 , Tallinn, Estonia Map
 にこにこ現金払いで。クレジットカードは駄目です。値段の設定は、卸価格とビジター価格(卸価格の20%増)があり。
 Cash only. käteisella maksaa
 
 
 おまけの写真
 


エストニアの国旗カラーの花壇。
 



窓のところに階段が見えている
 
[2010.06.19(Sat) 05:50] 旅:タリン | Trackback(-) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

はじめまして by puolukka
はじめまして。
日本で編み物をしております、
puolukka と申します。
フィンランドと編み物が好きなので、
mihokoさんのブログ、
ものすごく楽しんで拝見しています。

さて、本日は質問があり、
コメントさせていただきました。

来月に、ヘルシンキを訪れる予定です。
そこで、もちろん毛糸をたくさん見てみたい!と
思っているのですが、
ヘルシンキでおすすめの毛糸屋さんがあれば、
教えていただきたいです。
(2004年の記事は拝見しましたが、
その後、ヘルシンキの毛糸屋さんに
変化はありますでしょうか?)

また、スウェーデンの毛糸屋さんもご存知でしたら、
ぜひ、教えていただきたいです。
スウェーデンは、
ストックホルムとMora を訪れる予定です。

よろしくお願いいたします。


毛糸屋さん! by みほこ
こんにちは! 始めまして。 お返事遅くなりました!

いつからご旅行ですか?

ヘルシンキの毛糸屋さん、前より増えてますし、移転もしております。ちょっとリストを作成しますので、2,3日お待ちいただけますか?
スウェーデンのほうは…スウェーデン手工芸ギルドのスベンスカヘムスロイドは楽しいですよ。http://www.svenskhemslojd.com/
後、こちらはお役に立つでしょうか?
http://www.scribd.com/doc/288872/yarn-i-Stockholm-list-of-shops


ありがとうございます! by puolukka
お返事ありがとうございます!
出発は一週間後です。
リスト、楽しみにお待ちしております!

スウェーデンのリストも、
ありがとうございます。
出発までに、ゆっくりと見てみます~。


コメントを閉じる▲

リストマーク またまたタリンへ 

2010年04月13日 ()
town.jpgイースター休暇は、エストニアのタリンへ。
 残念ながら、曇り空だった。時雨れたりもした。

I was in Tallinn on Easter. It was quite pity that it was rainy and cloudy.

Olin Tallinnassa Pääsiaisenä. Oli huono keli. Vettä ja pilvistä.


 今回のお目当ては、エストニア手工芸ギルドのひとつで行われていたmuhu(ムフ)の靴下展だ。ムフの地域で編まれた靴下が並ぶ。
 ムフは、レースで有名なハープサルの対岸にある島である。

 My purpose in Tallin was an exhibition about Muhu knitting. Muhu socks and socks...
 Muhu is a small area near Haapusalu.

 Tämän matkan katsottava on näyttely muhun käsityöistä. Salissa oli täynnä sukista. Ehkä oli toiset käsityöt. En muista...
 
 


 
 昔のものほどハイゲージとなる。って、比較するものがないと、ちょっとわかりにくいかしらん。

 The older socks are knitted, the higher or densed a tenshon/gause is.

 Vanhan neulen tiheys ahdistaa.
 

 Qvidi-minaのワークショップで聞いた話だが、昔の糸は防縮加工はしないので、洗濯後縮んでハイゲージの靴下になってしまうらしく、昔の人はすごく細かい手仕事をしたとは一概にいえないのだそうだ。
 展示の靴下も、古いものほど洗濯の回数が多いというのは容易に想像できる。
 実際のところどうなんだろうね。 
 
 


今回の自分へのお土産。

Memory for myself...

Matkamuisti minulle



こ んな指人形も。
  
a finger doll

sorminukke
[2010.04.13(Tue) 05:23] 旅:タリン | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク またタリンに 

2008年06月11日 ()

 200806 353というわけで、先週はタリンに。
写真はおなじみのセーターの壁である。夏は、ウールのものがちっとだけ減って、麻糸
で編んだものがちっとばかり増える。
そうそう、残念なのは、ここからちょっと行ったところにある、オンラインの糸のショ
ップがなくなっていたことだ。もう、残念! 近所に新しい毛糸屋があったので、聞い
てみたら、今年の1月の終わりに閉めたとのこと。

Last weekend I visited Tallinn. Photo is about the wall of sweater. In sumeer
time linen yarn knit is also sold.


Viime viikonloppuna kävin Tallinnassa. Kuva on Neulon Seinä(Onko oikein nimi(??)
Pellavalla kudottu juttu myydään kesällä.
Harmi että Online-lanka myymälä on kiinni. Lähellä löysin uuden lannka
kaupan. Kysyin em?nnalta siin? kaupasta. Se oli loppu tammikuun ja helmikuun
vaihteessa.


200806 361
こちらは、見つけた広告。なんだろうね。
一応骸骨になってる。

Funny advertisement. Skull of yarn.

Hauskaa! Mikämainos on??




200806 429

今回見つけた本。
去年でたエストニアのミトン本とエストニアの手仕事雑誌。

My shopping result about books. One is about Estonian mittens and another is a
bout Estonian handcraft magazine.


Ostos... kirjasta. Toinen on Viron lapasista ja toinen on käsityö lehti.

 

 

200806 431
ミトン本は、作り目とゴム編みのいろいろ、そして模様のチャートが掲載されている。

Cast on, rib and chart in mitten book.

Silmukkoiden luomista, joustin neule(monta tapaa!), kuviot.



200806 433エストニアの総合手仕事雑誌。気に入った作品はこれ。いいねえ、かわいいねえ。
年4回の発行らしい。今回はもちろん夏特集。個人的には、フィンランドの手仕事雑誌
よりエストニアのほうが好きだったり。

My favorite design in that magazine.

Paras!

 
[2008.06.11(Wed) 16:30] 旅:タリンTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by Maud
Virolainen lapaskirja näyttää kauniilta!

by みほこ
Joo se on hyvä kirja. Suosittelen!

コメントを閉じる▲

リストマーク パレード(2) 

2005年06月02日 ()
パレード写真の続き。
衣装がとても、素敵。Nice!!! Ihania!

20050602_1.jpg
20050602_2.jpg
20050602_4.jpg
20050602_5.jpg
[2005.06.02(Thu) 22:27] 旅:タリンTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク パレード(1) 

2005年05月31日 ()
先日の土曜日に、タリンではこんなパレードが。何のパレードかはわからないのだけど、会社の同僚の話では、体操大会のパレードらしい。年よりは重そうだけど、若い人は本当に身軽だった。
各地域の名前を書いたプラカードをもって、行進は続く。

I saw a parade in Tallin. I don't know for what this is. My collegue said to me that it is for a gymnastics conpetition. But I don't know actually.
Näin paraattin. Mitä tapahtuu?? Työtoveri sanoi ehkä urheilu kirpailua varten.

写真をクリックすると大きいのが見られます。
Click photos and you will see a bigger photos.
Klikkaa kuvia suuremmaksi.

20050531_1.jpg20050531_2.jpg20050531_3.jpg

フィンランドではこんな光景は見たことがない。
なんで、こういう民族衣装の祭典をやらないんだろうね。

I've never seen a kind of a parade in Finland. Why?
Suomessa en koskaan katsonut selläistä. Vain armeija paraatti...why? Jos se olisi, näkyy hyvältä!!

まだ続きます。to be continued. jatkuu...
[2005.05.31(Tue) 23:18] 旅:タリンTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 新しい本を見っけ 

2005年05月29日 ()
20050529_1.jpg タリンに行って楽しいのは、実は手芸の本を見つけること。正直ってフィンランドより充実している。フィンランドって伝統的なものをあんまり大事にしない。エストニアのほうが、いろんな意味でフィンランドに遅れをとっているけど、伝統的なものを重んじるという面で勝っていると思う。

It is nice to go to Estonia because of finding something good. To be honest, I could find more things in Estonia than in Finland.
On kivaa käydä Virossa. Ehkä minä olen Viron hullu.

 今回見つけたのは、KIRIKINDADの2巻。奥付を見ると、今年出たばっかりらしい。
 kirikindadというのは、編み込みミトンのことである。つまりこの本は編み込みミトンの本で、過去にすでに1冊出ている。
 各地方のミトンを集めて図案を載せたりしているのだ。

20050529_2.jpg
This green book is kirikindad part 2 published in 2005. Kirikindad means jaguard mittens in Estonian. It shows typical mittens from some places in Estonia.

右はその1冊目。right: first volume

場所柄、スウェーデンのミトン好きの人には、見たことがある模様が盛りだくさんなんだと思う。
 
 ちなみにこの本、40エストニアクラウンなので、かなり安い。ユーロにすると、3ユーロ弱だから400円出せばおつりが来るのよね。

Maybe all patterns are quite similar to Swedish mittens.
It costs 40 kruunu. I think it quite cheap. Less than 3 euro.

20050529_3.jpg

[2005.05.29(Sun) 22:49] 旅:タリンTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

ENTRIES

COMMENTS

ARCHIVE

CATEGORY

旅行のご参考に!

《西フィンランド》 西フィンランド
旅行口コミ情報

PROFILE

SEARCH

LINK LIST

Powered By

最新記事のRSS 最新コメントのRSS 最新トラックバックのRSS

ADMIN







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。