TOP > CATEGORY > きまぐれ手仕事
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ステッチマーカー再び。 

2012年09月16日 ()
はるかかなた昔にステッチマーカーを作ったことがある。→当時の日記はこちら
金属のリングはかなり使いにくく、作ってちょっと使ったら嫌になって、余り糸を輪っかにしてマーカーにするのに戻ってしまった。
そして、早7年。。。。
先日、手芸メッセでレゴを使ったステッチマーカーを見つけた。
テグスを見て、なんだ、これでもいいんだと気がついた。
なかなか頭の固いことである。
そんなわけで、4つでは足りなくなるかもしれない、将来的にと思ったので、作ってみた。



ビーズにテグスを通して、玉結びした後、抜けないようにボンドで固定しただけのものである。自分用に作ったので長さも不揃いでオッケー。
一番右のは、実はあわじ玉を作ったつもり。このサイトのステッチマーカーを見て、作れるのかなあと試してみただけ。
スポンサーサイト
[2012.09.16(Sun) 12:34] きまぐれ手仕事 | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 糸小人の作り方(本邦初公開?!) 

2010年12月19日 ()
クリスマスもいよいよ近づいてきたので、フィンランドのクリスマスツリーのオーナメントにもなっている糸小人さんの作り方でも。
藁でできたバージョンもあり、初めて見た時私はなんというものをぶら下げてるんだ!と驚いた。 
かつては絹糸で作っていたらしい。私が習った場所が、大地主が昔住んでいたマナーハウスだったからか。
お金持ちは絹糸で、そうじゃない人は藁で。



用意するもの

 2色 中細糸が作りやすい。

はさみ
縦横の寸法が違う箱
 たとえばマッチ箱とか。ないときは厚紙を長方形に切っても良い。



1. 2本取りにした糸を長辺方向に20回巻きつける。これが頭胴体足となる。


. 違う色糸でぐるぐると数回巻き頭を作る。


. 1.で使った糸と同じ糸で短編方向に10回巻きつける。手の部分になる。
両端をぐるぐると巻き、手を作る。


. 手を頭よりの胴体の間にいれる。


. 4の脇に当たる部分を巻きつける。大体でよいので、2分して足をつくる。糸の本数は数えなくとも良い。


こんな感じ。


友人の娘さんにこれを見せたところ、「女の子は作らないの?」と突っ込みが入った。彼女が学校で習った方法を聞いてみると、足を二つに分けないそうな。
ということで、



糸は2本どりにしない場合は、巻きつける数を1では40回、3では20回ぐらい。
ぐるぐる巻いて頭胴手足を作る場所はお好みで。
糸の端は、針に糸を通した後、小人さんに数回くぐらせておくと留まる。

この後、帽子を作って縫い付ける。
帽子は編んでもよし、フェルトで作ってもよし、いろいろ。
教えてもらったときに、どうやってあむのってたずねたら、「一例」を教えてもらった。
12目で輪編み。
自分の気に入った長さまで編んだら、徐々に減らし目していき、最後の4目になったら
すべての目を長く引き出す。これは帽子のぽんぽんになる。
目の根元をぐるぐるまきにした後、長めに糸を切る。針に糸を通して、この目の根元を
数回通した後、糸を切って完成。

省略しすぎじゃないことを祈る。
完成体は、12月4日の日記の最後の写真である。このエントリーの最初の写真にもいるよ。
[2010.12.19(Sun) 23:00] きまぐれ手仕事Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク またまた新しいものに手を出す 

2010年11月29日 ()
気になると手を出さないと気が済まない性分なので、今回は市民講座の「フェルトのおもちゃを作ろう」というのに行くことにした。
カメラを忘れてしまったので、また次回の時に写真を載せる。


最初にこんなのができますという作品例の中に、人魚があった。髪の毛が面白いなあと思ったら、人毛だった。作った人の親戚に美容師がいるので、そこから髪をもらったそうである。怖いんですけど。

さて、ここでメモ。先生からの伝聞だよ。
北欧でフェルト化に向いているのは実はフィン羊だ。ノルウェイ産エストニア産の羊はもともとチクチクする羊毛なのでこういうのフェルト細工に向いてない。チクチクしにくい羊毛が向いている。メリノ羊毛がフェルト化によく用いられるのも、いい例である。

確かに、先日編んだミトンの糸もフィン羊からだ。全然チクチクしない。
ますますフィン羊のファンになったりなんかして。
[2010.11.29(Mon) 01:27] きまぐれ手仕事Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 刺繍してみた 

2010年07月20日 ()
刺繍といえば、初ニードルワークである。

お友達と今年の春におそろで購入した。さっさとお友達は仕上げて、部屋に飾っているのをみて私も!と奮起したのである。
Orchideaという会社のキットなんだけど、ネットで検索しても出てこない。
さて、問題はこれをどう仕立てるかである。
お友達の家にみにいかねば。
[2010.07.20(Tue) 05:43] きまぐれ手仕事 | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク フラメンコショー。 

2009年05月25日 ()
フラメンコショーが終わった。Our fkamenco show was done. Olipas flamenco näytös.
DSCF8478.jpg

さて、洋裁が苦手な私が作ったスカートとほかの人の衣裳の色のくみあわせをご披露。
This is colour pattern. We danced zolongo gitano together.
Meidän värimaailma. Minä ja kaverit tansimme zolongo gitanoa.
DSCF8491 (2)

それから楽屋裏で見つけたレース編み。前からベッドカバーを編みたいのでいろいろパターンをあさっていたのだけど、これはその候補の一つ。フィンランドのポリで編まれたパターンなのよ。
実物を見ると編みたくなるねえ。これにしようかなあ。
I found lace in backstage. I have been checking crochet patterns because I would like to make bed cover. This is one of my favorite.
Tämä oli lavan takana. Etsin ohjetta sängyn peitosta. Tämä on minun suosikki. Parempi näkö kuin kuva kirjassa.
DSCF8482 (2)
[2009.05.25(Mon) 23:12] きまぐれ手仕事 | Trackback(-) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

フラダンス by フラダンス
フラダンス衣装

コメントを閉じる▲

リストマーク 本当は出来上がってるんだけどね。 

2009年05月21日 ()
 ステージはいよいよ今度の土曜日。
 衣装は、実は先週の日曜日に縫いあがっている。
DSCF8470 (2)[1]
 私のスカートのフリルはこんな組み合わせ。
DSCF8472 (2)[1]
 スカートに縫いつけてみた。

 明日、衣装をきて練習する。大丈夫かなー。
[2009.05.21(Thu) 01:08] きまぐれ手仕事 | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク いやはや、久々のフラメンコスカートづくり 

2009年05月10日 ()
実は5月の終り頃にフラメンコのステージがあるので、衣装を縫わないといけなくなった。下の写真は友人のスカートである。これを私バージョンの色で作らないといけない。
2009spring 035
 洋裁好きの人が、型紙を作り、布を用意してくれた。見本のこのスカートと違ってかなり伸びる生地である。案の定うまく縫えない。ロックミシンがほしいところである。
2009spring 036
 
 型紙をおいて、そのまわりを全部ではなく一部だけでも、このようにテープをおいて、裁断するのである。さすがニット地ならではのやり方では。
2009spring 038
[2009.05.10(Sun) 01:52] きまぐれ手仕事 | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

ENTRIES

COMMENTS

ARCHIVE

CATEGORY

旅行のご参考に!

《西フィンランド》 西フィンランド
旅行口コミ情報

PROFILE

SEARCH

LINK LIST

Powered By

最新記事のRSS 最新コメントのRSS 最新トラックバックのRSS

ADMIN







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。