TOP > 北方民族博物館
 ← よく読めってば | TOP | あのお店

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 北方民族博物館 

2004年10月30日 ()
img200410301.jpg 右の写真は、博物館の内部。この大広間の周辺にお部屋があって、そこが展示場になっている。
 ここの博物館については、楽天に日記でもちょっと触れているのだけど、最近できたらしいコーナーについては書いておく。
 実は、テキスタイルギャラリーというのが、開設されていた。何段もある引き出しを順にあけると、ラベルどおりの編地や布地が出てくるのである。
 針ミトンもあったし、スウェーデンの有名な赤いセーターとかも間近にみることができるのである。今回は時間の都合でちゃんと楽しむことができなかったので、もう一度見に行きたいなあ。昔ならアーカイブにあったものじゃないかな。

 余談だが、フィンランドの国立博物館のアーカイブにもたんまり手編みの靴下やセーター等があるらしい。なぜかひとつも展示されてないのよねえ。

img200410301.jpgあ、写真が小さすぎてわかりにくいだろうけど、全面クロスステッチの靴です。すごいー。
ブーツというのは、昔は男性のおしゃれ靴だったらしい。伊達な男がもてたのだろうか、やっぱり。動物の世界と一緒ね。派手なオスがもてるって。




img200410301.jpg 今回、北方民族博物館で、買ったのは、針ミトンの本である。
 私が習ったやり方は、フィンランド式というもので、スウェーデンのとまた違うのである。それにしても、私がつくったものより、写真の作品が目が詰まっているわー。前述の展示場の針ミトンも、目が詰まってるのよね。何でー。
 とにかく、本を見て、何が違うのか習得せねば。
[2004.10.30(Sat) 20:16] 重箱の隅Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← よく読めってば | TOP | あのお店

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示 this message for only this blogger

Trackback

この記事のURL:
http://mihokono1.blog9.fc2.com/tb.php/19-87d11f29
 ← よく読めってば | TOP | あのお店

ENTRIES

COMMENTS

ARCHIVE

CATEGORY

旅行のご参考に!

《西フィンランド》 西フィンランド
旅行口コミ情報

PROFILE

SEARCH

LINK LIST

Powered By

最新記事のRSS 最新コメントのRSS 最新トラックバックのRSS

ADMIN







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。