TOP > 聖なる手袋と模様の意味
 ← 糸道楽 | TOP | 編み物クラス終了

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 聖なる手袋と模様の意味 

2005年12月10日 ()
20051209_5.jpg これが、聖なる手袋完成版である。手の先からは、聖なるビームをらしきものがちゃんと出ている。
 先生に聞くと、指先につけられた房の意味は、邪視を避けるためのものだといわれているらしい。上部には十字架、下部にはエストニアにもみられる星のマークが見受けられる。
 実際のところ、模様の意味や発祥を定義することはかなりむつかしいと先生のアンナは言っていた。たとえば北欧で見つかったテクニックが遠く離れたアフリカにもあったりする。拙サイトで”針ミトン”と私がいってる技法のことである。
 また、元来は意味があったが伝える人がいなかったために本来の意味が忘れ去られ、単なる模様になってしまったこともあるらしい。
20051209_6.jpg
 エストニアのサーレンマー島にニットのうまいおばあさんがいた。ある日彼女は編みためたミトンの一組が無くなっているのに気がついた。
 こう叫んだ。
「旅行者に死者向けの手袋を売ってしまったわ!」
 死者にだけ許されるタブーな模様というのも実際は存在するらしい。
 かつては地域によっては、真っ白な手袋がそうだったとのこと。
 まだまだ調べることはたくさんある。



[2005.12.10(Sat) 22:39] 編み物Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by しろまる
おおおお~ビームだ~!
実際にはめてみると模様がいきいきして見えます。
古い模様にまつわるエピソード、それぞれ興味深いですねえ。

by みほこ
ありがとう!
それにしても、自分の語学力不足を今回は痛感しました。
先生はまたクラスをやるかもと言っていたので、フィンランド語を磨いてまた参加してきます。

コメントを閉じる▲

 ← 糸道楽 | TOP | 編み物クラス終了

COMMENT

おおおお~ビームだ~!
実際にはめてみると模様がいきいきして見えます。
古い模様にまつわるエピソード、それぞれ興味深いですねえ。
[ 2005.12.14(Wed) 17:24] URL | しろまる #bZfbELo2 | EDIT |

ありがとう!
それにしても、自分の語学力不足を今回は痛感しました。
先生はまたクラスをやるかもと言っていたので、フィンランド語を磨いてまた参加してきます。
[ 2005.12.14(Wed) 22:41] URL | みほこ #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示 this message for only this blogger

Trackback

この記事のURL:
http://mihokono1.blog9.fc2.com/tb.php/198-6983c17b
 ← 糸道楽 | TOP | 編み物クラス終了

ENTRIES

COMMENTS

ARCHIVE

CATEGORY

旅行のご参考に!

《西フィンランド》 西フィンランド
旅行口コミ情報

PROFILE

SEARCH

LINK LIST

Powered By

最新記事のRSS 最新コメントのRSS 最新トラックバックのRSS

ADMIN







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。