TOP > ある手袋
 ← シラッカ(鯡)市にてせしめたもの | TOP | ゆっくり、ゆっくり

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ある手袋 

2006年09月29日 ()
 まずは、この色とりどりのカラフルなミトン。/ Mittens / Lapaset
 20060928.jpg

 私が編んだものではなく、おばあさんたちが編んだものを売っているお店で買った。
 この店では、手袋やひざ掛け、帽子、刺繍のものをおいている。売ったお金は編んだおばあさん本人の所に行くそうだ。
 フィンランドでは、1939年に冬戦争、1941年には継続戦争を経験している。フィンランドは、1917年にロシアから独立して、その後ロシアがソ連になってしまい、「土地をよこせ!」なんてことで、攻めて来たのである。
 近隣諸国の協力も得られず、フィンランドは当然のことながら物資が不足した。羊毛もしかり。ある博物館に行くと、戦時中紙の糸で編まれた靴やカバン等が展示されている。
 毛糸も10センチたりとも無駄に出来ない。そこで編まれたのがこのような手袋である。あまり糸をつないで、つないで、つないで編むのである。右側の手袋をみると2センチほどこのように糸を残しておいて、保温に役立てている。
 これを編んだおばあさんは、当時は娘さんだったのかしらん。
 はめてみるとかなり暖かい。
 それにしても、こういう方法であむミトンって、すごくおしゃれになるかすごくださくなるかどっちかだろうよねえ。

I bought them from a shop selling old people's handicraft. This design is a little bit special. Yarn is left over!
The mettens were developed around world war II. Finnish people fought against Soviet Union in winter. They could not have enought stuff. Knitters tied left-over yarns and knitted mittens.

Ostin niitä vanhusten kaupasta.
Kuulin että tällaiset lapaset kudottiin talvisodassa ja jatkosodassa perijaatteessa.
Kuvittelen että kutoja joka teki niitä oli neiti silloin.

20060928_2.jpg
 こんな感じよ。

 去年、伝統的なものを編みましょうというクラスに行っていたが、そのときに、この戦争中に開発されたニット小物として先生があげていたものがある。指なし手袋にミトンがかぶさっているあれである。何に使うかって?もちろん、鉄砲を撃つためである。それと、今なら冬のライダーが使う頭からすっぽり被って首まで覆うあの被り物も、戦争中に考え出されたものだそうな。実際、ノルウェイではフィンランド帽子という名前だったと思う。。。


[2006.09.29(Fri) 16:51] 重箱の隅Trackback(0) | Comments(5)
↑TOPへ


COMMENT

by りの
この記事を読んで、フィンランドというか北欧の歴史ってほとんど知らないことに気がつきました。機会を作って本を読まないといけませんね~

ところで、このミトンの糸の使い方すごいですね。私が今まで見た余り毛糸の活用品で、一番無駄なく実用にかなっている方法のような気がします。戦時中の物だから当たり前かもしれないけれど・・

Thrum mittensって羊毛をはさむのしか見たことなかったけれど、もしかしてこういうのが最初だったのかなぁと思ったりしました。

by みほこ
 私も北欧に住むまでは、あんまり歴史に興味なかったんですよ。ちなみに、フィンランドも、第2次世界大戦の敗戦国です。

 この糸の使い方なら、本当に無駄になりませんよねえ。
 これの使い方に、ちょっと感動しました。

by とらのママ
糸端を処理してしまわないと手袋として保温効果があるのね!教えてもらうといかにもですねー。とっても参考になりました。ダサくならないよう気をつけてやってみよう。
はめてみて、結び目は気になりませんか?

by みほこ
結び目は、糸端が十分にあるおかげで全然きになりませんよ。
とらのママさん流アレンジを楽しみにしてます!!

おもしろいねえ by みほこ
このベストって…。
私がやると果てしなくダサいものが出来そう。

コメントを閉じる▲

 ← シラッカ(鯡)市にてせしめたもの | TOP | ゆっくり、ゆっくり

COMMENT

この記事を読んで、フィンランドというか北欧の歴史ってほとんど知らないことに気がつきました。機会を作って本を読まないといけませんね~

ところで、このミトンの糸の使い方すごいですね。私が今まで見た余り毛糸の活用品で、一番無駄なく実用にかなっている方法のような気がします。戦時中の物だから当たり前かもしれないけれど・・

Thrum mittensって羊毛をはさむのしか見たことなかったけれど、もしかしてこういうのが最初だったのかなぁと思ったりしました。
[ 2006.09.29(Fri) 19:16] URL | りの #IzzJpWVA | EDIT |

 私も北欧に住むまでは、あんまり歴史に興味なかったんですよ。ちなみに、フィンランドも、第2次世界大戦の敗戦国です。

 この糸の使い方なら、本当に無駄になりませんよねえ。
 これの使い方に、ちょっと感動しました。
[ 2006.09.30(Sat) 21:48] URL | みほこ #- | EDIT |

糸端を処理してしまわないと手袋として保温効果があるのね!教えてもらうといかにもですねー。とっても参考になりました。ダサくならないよう気をつけてやってみよう。
はめてみて、結び目は気になりませんか?
[ 2006.10.01(Sun) 05:02] URL | とらのママ #0lWM//hU | EDIT |

結び目は、糸端が十分にあるおかげで全然きになりませんよ。
とらのママさん流アレンジを楽しみにしてます!!
[ 2006.10.01(Sun) 15:06] URL | みほこ #- | EDIT |

このベストって…。
私がやると果てしなくダサいものが出来そう。
[ 2006.10.09(Mon) 17:38] URL | みほこ #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示 this message for only this blogger

Trackback

この記事のURL:
http://mihokono1.blog9.fc2.com/tb.php/278-cea63e41
 ← シラッカ(鯡)市にてせしめたもの | TOP | ゆっくり、ゆっくり

ENTRIES

COMMENTS

ARCHIVE

CATEGORY

旅行のご参考に!

《西フィンランド》 西フィンランド
旅行口コミ情報

PROFILE

SEARCH

LINK LIST

Powered By

最新記事のRSS 最新コメントのRSS 最新トラックバックのRSS

ADMIN







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。