TOP > Qvidi-mina ワークショップ 私のまとめ。
 ← 糸でお遊び | TOP | Qvidi-mina ワークショップ最終回

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク Qvidi-mina ワークショップ 私のまとめ。 

2008年11月05日 ()
Qvidi-minaに関するまとめはちゃんとまた後日に別枠を設けるとして、今回のワークショップでの私の作品に関することをちょいと。 先生いわく、「やってみないとわからない」なのだった。確かにそうだ、本に載っているような糸もデザインもきっちり決められた作品を作るわけじゃないし。

200810 132 初めての太陽光下での撮影。
 
 I will write about Qvidi-mina some day in English. Yes first  I will write in Japanese. This time I should write my project in Qvid-mina workshop.
  A teacher said to me "try and error." This project is quite an original thing.  We have a refference book not pattern book.

 It is first time to take photo under the sun.

Tulevallisuudessa haluaisin kirjoittaa enenmän Qvidi-Minan juttuja blogissani japaniksi. Tässä vaiheessa kirjoitan minun töistä työpajassa.
  Opettaja sanoi minulle kaiket  jutut Qvidi-minasta tarvitsevat jotain kokemusta. Kyllä ei jo meillä on kirjaa minun käytttämillä langoilla..


200810 134(1)以前の日記で5センチのモチーフの数学的対角線は7センチ前後なのに、実質6.5センチ、どうすべきかというぼやきをかいた。
 先生にこの質問をぶつけてみた。
 そして、上記の答えを得られたのである。
 どのくらいきつく綴じはぎをするか、アイロンをどの程度かけるか、角と角をどのくらい突き合わせるか、飾りかがりをどの程度するかなどなど。
 要は、人によって手のきつさが違うのでなんともいえないということである。

  The other day I wondered about diagonal line. This granny is 5 cm square but diagonal line is 6.5 cm.  Mathematically it must be 7 cm. What is right? I asked the teacher. Her answer is how much sewing tenshion is, how much they are ironed, how you want to decorate with yarn....
  She also said it depends on hands.

   Olin ihmetellut viimeisestä työpajasta
kuinka monta 5cm * 5 cm ruudun vino linja on. Sen pitäisi olla 7 cm mutta todennäköisesti 6.5 cm! Opettaja vastoi että kuinka tiukkaa ommellaan, miten silitetaan, kuinka kulmien väli on ja miten koriste ommelu on. Se riippuu käsistä.

200810 136 ということで、9個のモチーフを並べてのスワッチを作成してみた。先生に、ちゃんと穴同士が合うように綴じなさいねといわれたにもかかわらず、いきなりずれている…。とじが思ったより難しいのである。
 さて、これより算出されたのは、6.5センチ弱。
 さあ、これであとはモチーフを仕上げて、組み立てるぞというわけには行かないのである。
 先生が進めるのはまずは、首周りだけを仮縫いして、着用してみて袖の位置を決める、それから、もう一度ピースを並べなおしてという方法だった。
 完成までの道のりは遠い。
 よく言えば、オートクチュールなのか。

  I made swatch. It is difficult to put together nicely. Now diagonal line is defined as 6.5 cm. But it is not simple from now. My teacher recommended that sewing together lightly about neck line then putting on my body and finding best postion for arms.
  Still long long road......

 Tässä on tilkku minun ruuduista. Naurattavaa!!!  Ei reikia ole samassa linjassa. Vaikea ommella.
Vino linja oli 6,5 cm. Kun kaiket ruudut on virkattu, ei ole valmis yhdistää. Harmillisesti. Opettajan suositus oli näin: Ensin ommellaan kaulurin alueen ja sitten sovita omalle vartalolle. Sitten Päättää  hihojen paraat paikat. 
   Minulla on vielä pitkä matka....

  というわけで、Qvidi-minaのカーディガンを作る話はまだまだ続きそうである。
[2008.11.05(Wed) 00:00] フィンランドの編み物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 糸でお遊び | TOP | Qvidi-mina ワークショップ最終回

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示 this message for only this blogger

Trackback

この記事のURL:
http://mihokono1.blog9.fc2.com/tb.php/402-d633e6a3
 ← 糸でお遊び | TOP | Qvidi-mina ワークショップ最終回

ENTRIES

COMMENTS

ARCHIVE

CATEGORY

旅行のご参考に!

《西フィンランド》 西フィンランド
旅行口コミ情報

PROFILE

SEARCH

LINK LIST

Powered By

最新記事のRSS 最新コメントのRSS 最新トラックバックのRSS

ADMIN







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。