TOP > 芸能人の編み物ワークショップ 1回目
 ← 2か月ぶりの更新 | TOP | なぜかかぎ針づいている

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 芸能人の編み物ワークショップ 1回目 

2011年01月30日 ()
私がフィンランドで受けている手芸コースは、市民講座ばかりだ。この市民講座の手芸コースの先生は家庭科の教師の資格を持っていなければならないらしい。つまりこの手芸コースに限っては、日本固有のものでもない限り、フィンランド国内で認められる家庭科教師の資格が必要となる。あるいは、大学でその方面の研究をしているとか。
たまには違うタイプのワークショップを受けてみたいなあと思ってたところにプリーマ毛糸店からの広告メールが来た。編み物本まで出してしまい手芸番組の司会をするようになった芸能人アヌ・ハルッキさんのワークショップである。この人の本をみると、確かに趣味がいい。

初日の持ち物が何も指定がなかったのでメールで問い合わせると、針も糸も全て30%引きで買えるから、大丈夫とのこと。
売らないといけないのはわかるが、商魂たくましい。


入口はこちら。ドアに鍵がかかっているときは、右にあるインターホンの"eiran tukku"を押すと、ロックは解除してくれる。

アヌは芸能人だけあってかなりの美人だと思う。
クラスのメンバーは15人。あらかた揃ったところで、アヌの説明が始まる。

今回は裾から上に編むこと。首から編み始めるニットはまた別ワークショップにて。
自分自身のニットを編みましょう。


アヌがどうやって自分のニットを創り出すのかの話になる。自分のニットにどうやって色々取り込んでいくかの話は、聞いてみるとすごく当たり前のことなのに、聞くまで気がつかない。私の日常そのものである。
この後、デザイン画を書き、必要なサイズを採寸する。この採寸は体のサイズを測るのではない。腕なら、腕を編み始めたい所からの長さとなる。ウェストやヒップは、自分自身の欲しい緩みを持たせたサイズを測るだけなので、100センチだろうか200センチだろうが気にしなくて済む。
それが終わると気になる毛糸を商品棚から取ってきてゲージを編み始める。
みんなの人気毛糸はやはりNOROだった。
ゲージをとって必要目数を計算したところでまた来週。
[2011.01.30(Sun) 01:59] フィンランドの編み物 | Trackback(-) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 2か月ぶりの更新 | TOP | なぜかかぎ針づいている

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示 this message for only this blogger

 ← 2か月ぶりの更新 | TOP | なぜかかぎ針づいている

ENTRIES

COMMENTS

ARCHIVE

CATEGORY

旅行のご参考に!

《西フィンランド》 西フィンランド
旅行口コミ情報

PROFILE

SEARCH

LINK LIST

Powered By

最新記事のRSS 最新コメントのRSS 最新トラックバックのRSS

ADMIN







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。